Konditorei Katze(コンディトライ カッツェ)に行きました

Konditorei Katze(コンディトライ カッツェ)に行きました。

外観の写真を撮るのをすっかり忘れてました。しかたないのでさっそくプリンの写真。

 

場所は、一言で言うならば、「酒田南のイオンの、北側の出口のつきあたり」ですね。車を動かすのがめんどくさかったので、イオンで買い物をして、イオンの駐車場に車を置いたまま歩いて訪問しました。

 

Konditorei Katzeって、どういう意味でしょう?

コンディトライ (Konditorei、または Konfiserie) は、ドイツやオーストリア、イスラエル、北欧圏などでも見られるパティスリーとカフェを併設した店舗の事である。

ということです。(コンディトライ

じゃあ、Katzeは?

だそうです。(Katze

現代日本語で言うならば、「カフェ 猫」みたいな感じでしょうか。お店のロゴが猫でした。焼き菓子に貼ってあるシールの猫です。かわいい。

 

さて、外から見ると、「何屋さんなんだろう…」という感じの店構えなので、びくびくしながら入ったのですが、ケーキと焼き菓子の店でした。なんとなく、パンもやっているのかな?と思っていましたが、パンはなし。

 

 

プリンはあっさり系、シュークリームは濃厚系でした。シュークリームは小さめだったので、物足りないかと思っていたのですが、これだけ濃厚だとこのサイズでちょうどいいくらいでした。

 

こちらは焼き菓子。大きいほうはマドレーヌ、小さいほうはガレットです。(ガレットは、純粋なガレットじゃなくて、フランスでパレ・ブルトンと呼ばれているタイプのようです。Wikipediaを見た感じでは。)

マドレーヌはあっさりふわふわで、ちょっと蒸しパンっぽい素朴な味でした。ガレットはザクザクで香ばしくて、満足感が高かったです。ガレットは特に気に入ったので、また買いに行きたいです。

 

ところで、レジでオーナーさんと思しき男性に聞いたところ、Katzeは12月ごろにシュトーレンを出してるとのことです!!!

前住んでいたところでシュトーレンを食べておいしかった&楽しかったので、この前の年末、近場で調達しようとしたんですが、引っ越し夫婦には情報もなく、しかたないのでお取り寄せして食べたのでした。でも、近場で買えるならそれが一番ですので、次の年末にはKatzeで買おうと思います!

別にキリスト教徒ではないですが、長い冬の真ん中頃に、毎日味が変わっていくお菓子のパンを薄く切って食べるのはいい時間だと思うんですよね。夫婦の時間を確保する小道具としての意味もありますし。

ということで、Konditorei Katzeには、これからお世話になりそうです。

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする