「プチフール」のパンを食べました

パンの店 プチフールでパンを買いました。

 

 

麺や 土門と同じ建物です。麺や 土門のほうがweb情報が多いので、そちらを目印に行くのがいいかと思います。

しかし、そう考えると、この建物は「小麦粉ビル」とでもいうような雰囲気ですね。それにしても麺や 土門と比べて、「プチフール」のweb情報の少ないことよ…。山形県はパンの消費量が少なく、全国ワースト2位(1位は福島県)だそうですが、確かにパン屋は少ないような感じがします。数少ないパン屋である「プチフール」の斜め向かいには、なんと米粉のお菓子屋さんがありますしね。パンへの風当たりの強い山形県…。

都道府県別パン屋の数ランキング

Comeru ←斜め向かいの米粉のお菓子屋さん

さて、プチフールのパンですが、こんな感じでした。

これだけ買って、税込み940円くらいでした。ひとつひとつが大きめです。お得。

全体として、味のないパンと、甘いパンと総菜パンが中心でしたね。サンドイッチとラスクも売ってました。行った時間のせいなのか、ホテルブレッドみたいなのがなかったです。

そして、上の写真のうち、帰ってきてすぐ食べたのがこちら。

ハンバーガー風のと、ピザパン。

パン部分は、小麦の香り!!というような都会的な感じではなく、昔のパンという感じの味でした。総菜部分は普通においしかったです。

翌日、残りのパンも食べたのですが、クリームパンとあんぱんが特においしかったです。昔のおいしいパン、というテイストです。

普段はイオン酒田南店の中のパン屋さんで買うことが多いのですが、そちらは小麦の香りが自慢の都会っぽい今風の味なので、ときどきプチフールのパンで気分を変えるのもいいかなと思いました。イオンのパン屋より安い気がしますしね。

我々の消費によって、酒田のパンの多様性を保護せねばなりません。

決意も新たに、パンの消費に努めたいと思います。

 

(お嫁・拝)

 

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする