遊佐町に旅行に行くなら冬が狙い目!

最終更新日

Comments: 0

去年の12月に、遊佐町に旅行に行きました。

泊まったのは、「鳥海温泉 遊楽里」。

 

 

なんで酒田に住んでて遊佐に旅行?!とお思いでしょうが、いわゆる「マタ旅」ってやつです。マタニティ旅行。

酒田に引っ越してきてからは仕事や暮らしに慣れるので精いっぱいで、旅行とか行っている暇のないまま妊娠が発覚したので、楽しいこと何にもない!!!とストレスが溜まっちゃったんですよね。子どもが生まれたら生まれたで、お世話が忙しくて泊まりで出かけるなんてしばらくは無理だろうし。

というわけで、「旅行行くなら安定期の今しかない!!!」と思ったのが12月だったんです。でも、遠くへ行くと事故とかこわいですし…と思って考えて、「行き先が近場ならいいのでは…?」と思ったんですよね。遊佐なら体調が急変しても、酒田のかかりつけのお医者さんまで1時間もかからないですし。

と、前置きが長くなりましたが、12月に遊佐に泊まりました。

泊まったのは、「鳥海温泉 遊楽里」です。日帰り温泉施設である「鳥海温泉保養センターあぽん西浜」の隣に建っていて、宿泊するとホテルの中の温泉のほかに、あぽん西浜の温泉にも入れるようになっています。ホテルとあぽん西浜は渡り廊下みたいなので後ろでつながっていて、宿泊者はそこを使って移動するようになっていました。

しかしながら、気楽に出かけたのであまり写真を撮らず…。ほとんど写真がないのです…。かろうじて撮ってあった2枚を掲載しておきます…。

 

朝食。

 

朝食会場から見た、冬の日本海。(北朝鮮から流れ着いた不審船のニュースで賑わっていた頃でした。)

 

ところで、なぜ「遊佐町に旅行に行くなら冬が狙い目!」なのかというと、プレゼントがもらえるかもしれないからです。

 

ゆざ町冬の“得旅”宣言!泊まってもらおう!ゆざの特産品

対象の施設にご宿泊の方へ2,500円相当の選べる特産品をお送りします!
この機会にぜひ遊佐町へお越しください。

期間:平成29年12月1日(金)~平成30年3月15日(木)

<対象施設>
・鳥海温泉 遊楽里(遊佐町吹浦字西浜2-76 ☎0234-77-3711)
・湯ノ田温泉 酒田屋旅館(遊佐町吹浦字湯ノ田9-4 ☎0234-72-2007)
・丸登旅館(遊佐町吹浦字上川原44-3 ☎0234-77-2009)
・民宿よしの(遊佐町吹浦字吉野森 ☎0234-77-3383)
・鶴屋旅館(遊佐町遊佐字舞鶴30 ☎0234-72-2053)
・四季の森 しらい自然館(遊佐町白井新田字見晴野21 ☎0234-72-2069)

 

私たちが泊まったのはこのキャンペーン中だったので、プレゼントをもらっちゃいました!ホテルに行くまで知らなかったので、サプライズ状態でとてもうれしかったです。

選べる特産品一覧(PDF)

宅配便で後日送ってくれるのですが、これが結構融通が利いて、別に自宅宛てにしなくてもよかったんですよ。なので、私たちは親戚宛てにお酒を送りました。どのみちお歳暮にお酒を送ろうと思っていたところだったので、ラッキーでした。

それに、ホテル宿泊者は500円分の割引券がもらえて、フロントの脇のお土産物屋で使えるようになっていました。

キャンペーンと割引券とを合わせると、かなりお得な旅行になったと思います。

もちろん、遊佐はいいところなので、お得じゃなくても行ってほしいところではありますが、迷っている人はお得な時期を調べてみるのがいいかもしれません。(キャンペーンは2016年度、2017年度は行われていましたが、その後どうなるのかはご自分でお調べになってもらうといいかと思います。)

帰りに「道の駅 鳥海 ふらっと」に寄って魚や野菜を買えたのもよかったです!

また行きたい!

(お嫁・拝)

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする